鹿児島県農地中間管理機構 公益財団法人 鹿児島県地域振興公社

文字サイズ変更

農地を貸したい方・借りたい方

~農地の貸し借りの流れ~

機構に農地を貸す場合及び機構から借りる場合の流れは次のとおりです。

1.貸出希望農地の受付

受付やご相談は、機構または農地の属する市町村、農業委員会等にお願いします。
※農地として利用することが困難である農地は借り受けできない場合があります。

 農用地等貸出申込書などの様式はこちら

2.貸出農地状況のホームページ掲載

貸出農地状況の情報(市町村名・地域名・農用地の特徴・担い手の状況)を機構のホームページに掲載し、借受希望者を募集します。

 貸出・借受の農地情報はこちら

3.機構が農地の借受希望者を公募

受付やご相談は、機構または農地の属する市町村、農業委員会等にお願いします。
※機構から農地を借り受ける場合は、借受希望者としての応募が必須となっています。

 農用地等借受申込書などの様式はこちら

4.借受希望者の公表

機構は、借受希望者として応募された方々の情報を整理して、機構のホームページ等で公表します。

 貸出・借受の農地情報はこちら

5.人と農地のマッチング

原案作成のためのマッチング(組合せ)は、地域の関係機関・団体等の協力を得て、農地を貸付ける担い手の候補者を応募者の中から公平・公正に選定し、農用地利用配分計画の案を市町村が作成します。

6.農用地利用配分計画の公告

機構が農用地利用配分計画を県へ申請し、県は審査し、認可・公告します。

7.農地の貸付け

公告の完了後、機構は県から認可された農用地利用配分計画に基づき農地を担い手に貸付けます。

賃借料の徴収と支払い

機構は、農地の借受者から貸料を徴収し、所有者に借料を支払います。

※機構が所有者から農地を借入れる期間は、原則として10年以上です。また、機構が借受者へ農地を貸付ける期間は、原則として6年以上です。
※農地の所有者は、農地の貸付けの相手を指定して機構に貸すことはできませんが、「人・農地プラン」等、地域での話し合いの結果を優先するよう配慮します。

公益財団法人 鹿児島県地域振興公社

当サイトはSSL通信により通信が暗号化されプライバシーが守られています。